英語圏で日本語教師になるにはイギリス留学がオススメ

英語圏で日本語教師になるにはイギリス留学がオススメ

国旗

イギリス留学で英語力と日本語力をアップしよう

英語圏で日本語教師になるためには日本語力はもちろん英語力も必要不可欠です。イギリスの学校には日本語教師になるためのコースが開設されています。学校によっては世界トップレベルの日本語教育の理論を勉強できるところもあります。イギリスでの日常生活で英語に触れつつ、高いレベルの日本語教育の理論を学ぶことができれば、英語圏で日本語教師として働ける可能性は高いでしょう。

婦人

留学前に準備すること

行きたい学校やコースを決めましょう。また治安などイギリスの情報についても情報収集は必須です。しかしながら、インターネットには間違った情報が載っている場合があるので、イギリス留学をサポートしている会社へ相談してみるのが一番の近道です。

教材

日本語教育能力検定の資格もとっておこう

日本語教育能力検定は「日本国際教育支援協会」が実施しており、日本語を人に教えるためのレベルがどれくらいあるのかどうか見るための検定試験です。出題範囲が広く合格率も低いため、イギリス留学の前に取得しておくと高い日本語力がつき自信にも繋がります。独学で勉強することも不可能ではないですが、専門のスクールへ通ったほうが効率よく勉強することができます。

国語教師と日本語教師の違い

国語教師

日本国内における国業教師は、母語である日本語について、小学校や中学校、高校で生徒に教えます。予め国が定めた学習指導要領を元に授業が進められます。

日本語教師

日本語が母語ではない生徒を対象に、日本語を教えるのが日本語教師です。職場は民間の日本語学校や海外の学校など様々あります。年齢も文化も全く異なる生徒を相手にしますので、それぞれの日本語力のレベルに合った授業を実施する必要があります。

広告募集中